未分類

人間の特性を理解する

[vkExUnit_ad area=before]

【人間の特性を理解すること】

人間には、他の動物にない人間の強みである特性があります

一言で言うと『理想の自分・人生を自ら創ることが出来る』と言うことです

人間の特徴としては、一人ひとりに個性があり、自尊心があることです

ただ、時には個性や性格、潜在意識や自尊心が邪魔をして、自分の人生なのに他人の人生を生きたり、人生の主人公ではなく村人Aのような存在になり後悔だらけの人生になります

そして、「こんな人生ではなかったのに」と嘆いて死にます。

それを取っ払う為に自分の価値に気づき自分を知り、理解することです

と、その前に自分よりも『人間』を知り、理解することです。

皆さんは人間というカテゴリーの中に存在していますので、人間を理解することが重要です

理解することが出来て、理想の自分を創ることが出来るようにのです

♦️感受性を高めることは成功の種♦️

感受性とは、物事を感じ取り受け入れる能力です

感受性が低いと、人を見る目やビジネスの見る目がなく、騙されることが多いです

そして、人やビジネスの本質を理解出来なく、表面上しか理解出来ないので利益を生むことが難しいです

アポイントやプレゼンでも論点がズレるので伝えたいことが伝わらないです

感受性が高い人は、人の気持ちを汲み取り、相手の願望や言動の本質を読むことが出来ます

例えば
何かに悩んでいる人がいます
その人は、何が悩みの原因かわからずに上手く言葉にできずモヤモヤしています

その時に、モヤモヤしている原因を言語化して教えてあげると

相手は、「そうそう、そういうことが言いたかったの」となります

ここにビジネスので成功するヒントがあるのです

例題があります

『願望と会話をする』

これは、コミュニケーションの本質になります

「母と子供」

スーパーでお買い物をして両手に沢山の荷物を持つお母さんと3歳の子供がいます。
ある交差点で信号待ちをしていると子供がお母さんに「ママ!抱っこして〜」とせがんできます。

お母さんは、荷物が沢山あるので「後でしてあげるからごめんね」と我慢を促しますが、子供は何度も何度もせがみます。

お母さんも何度も何度も優しく促しますが、子供はせがみ続けた挙句に「抱っこしてくれないならママなんか嫌い」と言いました

さて、この時の子供の願望は何だったと思いますか?

答え
願望:甘えたい・構ってほしい・くっつきたい

ほとんどの人がメッセージと会話します

第一メッセージ:「ママ!抱っこして〜」
第二メッセージ:「抱っこしてくれないならママなんか嫌い」

メッセージという表面上ではなく、メッセージの奥にある本質を読むことが大切なのです

これを知った上で、もし子供がまたせがんできたらどうしますか?

一つの例です

「ママ!抱っこして〜」と言ってきたら
願望は甘えたいということなので、一旦願望を叶えてあげます

まず、両手の荷物を置き抱っこします

子供はすごく喜びます

その時に、子供に「◯◯ちゃんを抱っこしてたら、家に帰れなくご飯を作ることが出来ないけど、ご飯たべれなくてもいいの?」と聞きます

すると、子供は「嫌だ」と言います

お母さんは、「そうだよね!頑張って歩いて帰って美味しご飯たべようね」と言うと
子供は、お母さんから降りて家に着くとお手伝いもしてくれました

メッセージと会話をするのと、願望と会話をするのでは、相手の反応と行動が違います

メッセージとの会話だとネガティブな行動ですが、願望との会話だとポジティブな行動になります

これも大切な相手の言動を受け取る力であり、願望を読む力です

普段のプライベートやビジネスでのコミュニケーションから意識していきましょう。

セミナーで学んでも上手くいかない人がいます
その方の特徴は、学ぶことの本質が理解していない人です

まず、成功したいのであれば、学ぶことをしてはならないのです

じゃあ、何をするの?

それは『感じること』

五感(視・聴・嗅・味・触)で感じるのです

感じることで『気づき』があるのです

気づきがあるから、ビジネスに発展していきます

感じる・気づきが長けている人が感受性が高いのです

そして、気づきからアイディアが生まれ企画になりビジネスになります

どんな些細なことや小さな変化に敏感になることがビジネスでは求められます

そこに気づかないと、小さな問題が致命的な問題になったり、チャンスを逃がすことになります

『微差は大差』ということです

ビジネスが成長していく流れがあるので、理解していきましょう。

感じる→気づく→考える→消費者に価値のある企画→ビジネスを興す→利益が生まれる→利益の一部を事業・人・環境に投資→感じる→気づく→考える→消費者に価値のある企画→ビジネスを興す→利益が生まれる→利益の一部を事業・人・環境に投資の繰り返しです

このサイクルを通すことで、真の学びがあるのです

このサイクルを回すために感受性を高める必要があります

感受性を高めるコツがあります
心身ともに健康体であるいうこと

どんな出来事が起きても心を0にして感じることをしてください

例えば
映画を見るときも、料理を食べるときも、読書も、アポイントでもです

下記の項目に素直に記してみてください

◉所感◉

【感じたこと】

【気づいたこと】

【ビジネスに活かすアイディア】

これを習慣化してください

ここまでがビジネスに活かせる人間の特性です

【人間の特性】

今よりも結果を残したい‼️

そのために自分を成長させたい!

けど、一歩が踏み出せない人は、まず人間の特性を知るべきです

♦️自ら脳みそをアップデート出来る♦️

人間には脳みそを自らアップデートする力があります

しかし、自動ではアップデートをしてくれません

そこで考えてみてほしいことがあります

動物園を思い出してみてください

動物園には、あらゆる動物がいます

例えば、サバンナに百獣の王ライオンがいます
ライオンの魅力は迫力満点な姿ですが、オリの中に入っている動物園のライオンは面影もないくらい大人しかったりいます

オリに入ることで自由もなく、サバンナのように走り回らないので運動機能も衰え本能が失っています

実は、人間も同じで社会・会社というオリで生きている人は、人間の特性を失っても生きていける環境なので特性に当たる能力は失います

サラリーマンだと、単純な仕事が多いので誰でも出来るようにマニュアル化され
考えなくても仕事になる環境になり、いざ会社の看板を使わないビジネスマンになり自分の名前では通用しな現実を真に受け、挫折する人やそれさえも気付かない人が多いのです。

圧倒的に考えることをしなくなるので考える力が欠乏します

接客業のように色んな人を相手にする仕事は、人を見る力は付きますが考える力とは別だということを理解しなければなりません

しかも、ITが発達してスマホを中心に、人間の特性を奪われているのです

本来、人は様々な価値観を持ってますが、社会というオリに入ることで、古い価値観のまま脳を腐らせます

腐った脳はなかなか自分では気づきません

では、どのようにして気づけるのかと言うと人と環境です

理想の自分になるために必要な環境に身を置き、人の付き合い方を変えることが一番の近道になります

そこからは、自分自身が行動に移すだけです

古い価値観や経験に感謝して0にして、理想の自分になるための新しい価値観を持つことです

その際の注意点として、興味や過去の経験則から判断しないこと

人間は、自らの力で腐った脳みそを新鮮にしてアップデートが出来ます

人は、自分は人見知りだとか、人と接するのが苦手だから、自分の性格ではこの仕事は向かないなどと性格を言い訳にして逃げますが、性格は脳みそでいくらでも書き換えアップデートが出来きます

本来、遺伝や性格でビジネスが失敗することはありません

成功する為や理想の自分に必要な要素を脳みそにアップデートし続けることで理想の自分を創ることが出来ます。

そして、ここからが重要な考えをお伝えします

成功したければ、常に『シンプル』を意識することです

何かの物事で成功している事例は、世の中に沢山あります

大手企業のビジネスも、スポーツ選手も成功した要因は必ずシンプルなことです

言い方を変えると、シンプル=当たり前なことなのです

これからの時代は特に考える力が必須です

考える力とは、どのようなことだと思いますか?

考えるとは、脳みその断捨離であり、シンプルにすることです

物事を上手く進めれない人は、考える事の本質がズレています

上手くいかない人の考えことには、脳みその中を複雑にして自ら難しくする傾向があります

新しい知識や情報を何でも取り入れたりして情報処理が上手くできずグチャグチャになり混乱して迷走しています

例えると、美味しいカレーを作ろうとします

冷蔵庫には、豚・牛・鶏・シーフードの材料があります

全部良い材料だからといって豚・牛・鶏・シーフードを全部入れたらどうでしょう?
複雑な味になり、いくら美味しい食材たちでも不味くなります

それより、コンセプトを決めてポークカレー・ビーフカレー・チキンカレー・シーフードカレーとその食材の良さを活かしシンプルにすることの方が美味しく出来ます

要は、考えると言うのは、不要な情報を除外してシンプルにすることなのです

せっかく、答えがあっても新しい情報を不要に入れると埋もれてしまいますが除外していくことで、最終的に答えだけが残ります

いかに、何が必要で何が不要なのかを見極めることが重要ですので、見極める目を養う訓練を日頃からしていくべきです

不要な情報を除外していくのにコツがあります

『=になる』かどうかです

例えば、努力=成功になりますか?

答えは、NOです

努力したから成功とは限りません

あくまでも成功する確率が上がるだけです

なので、努力という考えは除外です

他にも、営業活動をする際に見た目は大切になりますが
必ずスーツでないとだめでしょうか?

スーツ=成約
になりますか?

答えはなりませんね

確かに印象は良いですが、それだけでは成約になりません

では、成約=◯◯になる要素は何でしょうか?

成約=プレゼン力

これはどうでしょうか?

確かにプレゼン力は必要不可欠ですが、相手がそもそも売りたい製品に必要性がなかったらどうでしょうか

売りたい製品が、自動車だとします

相手は運転免許を取得していなかったら売れますか?

結果は売れませんよね

ということは、成約=プレゼン力ではありません

一つの解答例

成約=今すぐ必要としている人に売る

自動車を運転している人がいます

ガソリンが残り僅かです
このままじゃ、目的地に行けません

その人にガソリンを売るのは難しいですか

100%の確率で売れます

これなら『=』になります
このように『=』を意識して考える癖をつけてください

『=』にすることで脳みその中がシンプルになります

シンプルになるからこそ脳みそがアップデート出来ますが副作用もあります
それは、辛いと感じることです

何故、辛いと感じるのか。

それは、自分に能力がなく出来ないことが多いのです
ここで出来ていないのに辛さを感じない人は自分と向き合っていない証拠です

辛いことは幸せなことです
大きく変わると書いて大変と読みます

成長する時は、辛いし大変なのです

それを乗り越えた人にご褒美として、成長して変わった自分になれ新しい景色が見れます。

これの現象は、筋肉と同じです

筋トレをすると、筋肉のスジが切れて筋肉痛になり痛いし辛いのです

だけど、筋肉が同じ負荷でスジが切れないように強くなり太くなります

例えば、ベンチプレスの限界が50キロだとして筋トレを1ヶ月したからといって100キロを持てるようになるのは厳しいです

いきなり、結果は出ません

50キロ→55キロ→60キロ→65キロ→・・・100キロになります

100キロになる為には、何度も何度も痛く辛く、時には辞めようと思う時もあるかもしれません

考えること、自分と向き合うこと、古い価値観を捨てること、脳みそをアップデートする時は辛さ・大変さがあります

継続するには、VISION・目的・目標を持ち、楽しむことが重要なことです

[vkExUnit_ad area=after]
友だち追加
PAGE TOP