アイ・テック

I・TEC(アイ・テック)インターナショナルの再生って?

[vkExUnit_ad area=before]

こんにちは

コロモチです。

I・TEC(アイ・テック)インターナショナルの公式ホームページを
見てみると「再生」っていう言葉が大きく掲載されています。
また、「再生」をテーマに社会に貢献しようとしている会社です。

化粧品などの美容に関わる商品を提供しているのですが
グループ会社では、「AIメディカルクリニック」を銀座へオープンしています。

そして、47都道府県に展開するそうです。

I・TEC(アイ・テック)再生医療とは何なのか?

答えは
「自然には再生できない組織や臓器を再生させ、機能を回復させることを目指す医療」

ということになります。

私たち人間の身体には元来再生する能力が備わっています。
皮膚であれば1ヶ月~3ヶ月で新しい細胞に入れ代わり、
古くなった皮膚は垢となって剥がれ落ちます。

同じように胃腸や肺、血管なども数ヶ月をかけて、古い細胞が脱落し、
減った分だけ新しい細胞が再生し回復しています。

それと同様に切り傷や骨折も新しい細胞により回復します。

しかし、失っていく細胞の量が、新しく再生する細胞の量を超えた時、もとに戻れなくなります。
失ったものを自力で補うことができなくなった時に、
他の力を借りて補う、という医療が「再生医療」です。

義足·義歯、臓器移植輸血や白血病治療における骨髄移植もそのひとつですし
細胞を血液中に投与したり、細胞により組織を修復したり再生したりする治療もそのひとつです。

これらすべてが再生医療と言われています。

現在、さまざまな細胞を用いた再生医療が研究されています。
例えば、間葉系幹細胞を身体から取り出し、体の外で培養して数を増やし、
再び患者さんの身体に戻すという治療法も行われはじめました。
会員登録無料

I・TEC(アイ・テック)再生医療法律

厚生労働省の公式ホームページに再生医療についての記事があります。

もう、すでに国が再生医療について法律も施行されています。

平成26年9月に、世界で初めてiPS細胞を用いた移植手術が行われるなど、
着実に成果を上げていますが、再生医療は、これまで有効な治療法の
なかった疾患の治療ができるようになるなど、国民の期待が高い一方、
新しい医療であることから、安全性を確保しつつ迅速に提供する必要があります。

このため、平成26年11月に

「医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律」

と併せて、

「再生医療等の安全性の確保等に関する法律」

を施行し、
再生医療等の安全性の確保に関する手続きや
細胞培養加工の外部委託のルール等を定めました。

また、関係省庁と連携し、基礎研究から臨床段階まで切れ目なく一貫した研究開発助成を行い、
臨床研究やiPS細胞を用いた創薬研究に対する支援など、再生医療の実用化を推進する取組みを実施しています。

日本国内では、世界に先駆けて再生医療を推進するための法律が整備されたほか、
薬や医療機器の安全基準を定めていた法律が改正されるなど、
国を挙げて新しい医療を推進するという体制が構築されています。
しかし、2019年3月に厚生労働省の承認を得られて、健康保険が使える再生医療等製品は
7種類に限られ、多くは有効性や安全性などが確認中の段階にあります。

2019年3月現在承認されている再生医療等製品

【承認】

販売名 対象疾患
ジェイス(ヒト(自己)表皮由来細胞シート) 重症熱傷・先天性巨大色素母斑・栄養障害型表皮水疱症及び接合部型表皮水疱症
テムセルHS注(ヒト(同種)骨髄由来間葉系幹細胞) 造血幹細胞移植後の急性移植片対宿主病
ジャック(ヒト(自己)軟骨由来組織) 膝関節における外傷性軟骨欠損症又は離断性骨軟骨炎(変形性膝関節症を除く)
キムリア点滴静注(チサゲンレクルユーセル) 再発または難治性のCD19陽性のB細胞性急性リンパ芽球性白血病・再発または難治性のCD19陽性のびまん性大細胞型B細胞リンパ腫

【条件及び期限付承認】

販売名 対象疾患
ハートシート(ヒト(自己)骨格筋由来細胞シート) 虚血性心疾患による重症心不全
ステミラック注(ヒト(自己)骨髄由来間葉系幹細胞) 外傷性脊髄損傷
コラテジェン筋注用4mg(ベペルミノゲン ペルプラスミド) 慢性動脈閉塞症(閉塞性動脈硬化症およびバージャー病)

(引用:再生医療ポータル/日本再生医療学会)

I・TEC(アイ・テック)iPS細胞とES細胞

京都大学の山中伸弥先生らが世界に先駆け開発し、2012年にノーベル生理学・医学賞を受賞した
「iPS細胞(induced pluripotent stem cells:人工多能性幹細胞)」の臨床研究が、
2014年に世界で初めてスタートしました。
iPS細胞は、いろいろな組織や臓器になる細胞。

きれいな小川や池にすむヒルに似た「プラナリア」という生き物がいますが、
プラナリアはからだをいくつに切られても、それぞれの断片が1匹のプラナリアに増殖します。

なぜ、そんなことが可能かというと、プラナリアにはどんな細胞にも
分化することができる幹細胞があるからです。
しかし、人間はからだの一部を失ったらプラナリアのように再生することはできません。
もし、人工的にどんな細胞にも分化することができる細胞を作り出すことができたら、
病気や事故で失った組織や臓器を再生することができるかもしれない。

そんな夢を実現する可能性を秘めているのが「iPS細胞」です。
iPS細胞とES細胞の違いってなに?

人間の細胞も受精卵の時点では、骨や皮膚や心臓など
どんなものにもなれる能力(全能性)を持っています。

なぜなら、人間の骨も臓器も皮膚もすべて受精卵から分化したものだからです。

しかし、いったん分化した細胞は、
基本的に別の種類の細胞に変化したり、もとの幹細胞に戻ることはありません。
ES細胞(embryonic stem cell:胚性幹細胞)は、
受精卵が胎児になるプロセスで、分裂が始まった後の胚盤胞(はいばんほう)の中にある
細胞を取り出して培養されたものです。

しかし、これは赤ちゃんとなる受精卵を使って作るため、倫理的な問題がありました。

「iPS細胞」が画期的なのは、皮膚などの細胞に遺伝子操作を加えることで
「ES細胞」のような幹細胞になることです。

これなら受精卵のような倫理的な問題はありません。
一方、遺伝子操作をおこなうことによる安全性(ガン化のリスクなど)は、
今後の課題となっており、日々研究が進められています。

ES細胞やiPS細胞は、再生医療に用いる細胞としてだけでなく、
病気の発症する仕組みや病気の原因調査、新薬の開発、細胞を用いた治療の研究など
様々な分野での応用が期待されています。
今後も世界中で研究され、これからの医療を変えていくことでしょう。


会員登録無料

SNSショッピングポイントについて
①無料会員登録ポイント
※購入がなくてもポイントはプレゼントされます。
②ご紹介ポイント
※購入がなくてもポイントはプレゼントされます。
(登録ごとに50Pプレゼント)
(会員をご紹介された方に 50Pプレゼント)
③購入ポイント
(購入に対して100円=1Pの比率でポイントプレゼント)

ポイントは商品購入時に使用できます。

ポイントに使用期限はありません。

・商品について
(使用方法、購入・返品方法など)
・フランチャイズ加盟店について
(加盟店ってなに?、加盟店をやりたい、
加盟店になったものの・・・悩みなど)

お気軽にお問い合わせください。

※お名前はペンネームでも大丈夫です(^^♪






    [vkExUnit_ad area=after]
    友だち追加
    PAGE TOP