アイ・テック

I・TEC(アイテック)インターナショナルのnanoPDS(超皮膚浸透技術)とは?

[vkExUnit_ad area=before]

こんにちは

コロモチです。

12月14日の福井のI・TEC(アイテック)インターナショナルの総会から
新商品の発表がありました。
そこで、その商品に使用されているものについて
調べてみました。

超皮膚浸透技術(nanoPDS)とは?

nanoPDSのPDSとは、
PDS(Particle Delivery System/パーティクルデリバリーシステム)
粒子伝達システムの略です。

従来、分子量500以上の成分は経表皮経路から吸収されないと言われてきました。
通常、肌の表面に溜まり、肌の奥深くには浸透しません。
これは私達の外表面が皮脂膜に覆われ、更には角質間も細胞間脂質によるバリア機能があるためです。

そのバリアは、除去するのが、DDSスキンリムーバーの使用です。

「PDS」技術は、分子量約200万近くの高分子原料までも経皮吸収可能な技術です。
有用な成分を粒子状態でナノコート(油)することにより、
皮脂膜と細胞間脂質との親和性を高め、お肌の奥深くまで浸透させます。

DDS(ドラッグデリバリーシステム)の目的は、
体内における薬の投与量·部位·タイミングなどを精密にコントロールすることで、
薬の効果を最大限に発揮させ、副作用の軽減を狙い、患者への負担を軽減する技術です。

nanoPDS(超皮膚浸透技術)は、患者への負担を減らすため、
皮膚から薬を浸透させる「経皮ドラッグデリバリーシステム」
技術がベースとなっています。
親水性の成分を界面活性剤で包むことで、
①数百ナノメートルサイズの小さな粒子にし、
②油中に分散させることが可能となります。

この2つのファクターを組み合わせることで、
皮膚への浸透性が向上します。

通常、分子量が大きい親水性の成分は、皮膚のバリアー機能を通過できません。
しかし、この技術を利用することで皮膚内部へ浸透させることが可能のようです。
また、皮膚内部へと浸透したタンパク質等は活性を保持しており、
本来の特性を維持し、しっかり機能することが研究結果で分かっています。

経皮デリバリーシステム(nanoPDS超皮膚浸透技術)を用いることで、
ビタミンCやヒアルロン酸などの
高分子、不安定な成分の経皮デリバリーが
可能となり化粧品開発に応用されています。
今後、さらに多種多様な化粧品の成分の応用が期待されています。

皮膚·粘膜からの吸収制御型 DDS

DDS(ドラックデリバリーシステム)は、薬の投与部位から作用発現部位まで、
薬物の体内動態を一つのシステムとして制御することにより、
薬の効果を高め、薬の量、投与回数、副作用を軽減し、
患者の QOL(クオリティー·オブ·ライフ)向上に大きく貢献します。

近年、創薬手段はITを活用し、多様化·効率化されてきましたが、
ひとつの薬物分子の構構造に、
薬効·安全性·安定性·吸収性·持続性·標的指向性などの
必要な性質をすべて組み込むことは出来ません。

また最近はペプチド·タンパク質·DNA-RNA などが注目されており、
DDS技術によって理想的な性質を付与することが重要となってきています。

理想的な薬物投与を可能にする技術として、3つの基幹技術があります。

(1) ターゲッティング(標的指向型 DDS)病変部位へ
集中的に薬物を到達させる技術です。

受動的·能動的ターゲッィテングに分類されます。

(2) 放出制御(放出制御型 DDS)薬物が溶け出すタイミングを
投与してから経過時間によってコントロール制御する技術です。

(3) バリアーの通過·吸収促進(吸収制御型 DDS)皮膚·粘膜などからの
薬物の吸収改善や血液脳関門通過の技術です。
「nanoPDS超皮膚浸透技術」は、
このバリアーの通過·吸収促進を実用化した、画期的技術です。

皮膚深部まで浸透させるPDS(粒子伝達)

親水性薬物を溶解させた水相と疎水性界面活性剤を溶解させた油相を
高速境挫することで安定的なWO型のエマルションを作成し、
その中の水分を除去し、ナノPDS化することで
高濃度かつ大量の物質を皮膚深部に素早く届けることが可能となりました。

従来は分子量500 以上の成分は安定化して真皮層には到達しないと言われてきました。
通常であれば、 肌の表面に留まり
肌の奥には浸透しません。
これは私たちの外表面が皮脂膜に覆われ、さらには角質間にも細胞間脂質にも
バリアー機能がはたらいているためです。
しかし、ナノPDS 技術は、分子量約 500 ~ 200万の
高分子原料を経皮吸収することが可能な技術なのです。
ヒアルロン酸などを粒子状態でナノコート(油)することにより
皮脂膜と細胞間脂質との親和性を高め、肌の奥深くまで浸透させることができるのです。

高分子ヒアルロン酸を経皮浸透させる親水性高分子である
ヒアルロン酸を PDS 技術で試したところ、通常のヒアルロン酸の
水溶液に比べて3.6倍のヒアルロン酸が透過した。

これはヒアルロン酸が油状基剤に分散しているため、
疎水性である角質層を容易に通過することができ、
ヒアルロン酸を表皮及び真皮中へ輸送する能力が高くなったと考えられる。

実際に顕微鏡で皮膚の断面を観察した結果、
皮膚中にヒアルロン酸が十分浸透していることが確認できた。
一方通常の水溶液の場合は、角質層部分の蛍光はみられたが、それ以外の
組織では蛍光が非常に弱いことから、
皮膚深部のヒアルロン酸の透過量は非常に少ないことが確認された。

I・TEC(アイテック)の再生医療で一番重要な幹細胞として、
リンゴ果実培養細胞エキス伝達される栄養分として、
ヒト脂肪細胞順化培養液エキスとEGF(上皮細胞再生因子)など
機能性ペプチド更に、足場としてヒアルロン酸Na、水溶性プロテオグリカンなどの
水溶性ポリマーを配合することによって、
化粧品におけるティッシュエンジニアリングを可能にしました。

抗酸化に優れ、お肌に浸透した有効成分をより肌内部に留めて
外的刺激からお肌を保護し、明るく輝くようなお肌に導きます。
新商品

アイ・テックは「再生」をテーマに
現在、台湾と契約し12月から順次世界進出をしていく
ことが決まっています。

実際に、アイ・テック一日研修へ参加すると
アジア系の方が数多く参加しています。
今後も日のみならず、世界中に知名度が増すことが予想され
オーナーの山口氏も公言しています。

試しに商品を使用してみてはいかがでしょうか?

会員登録無料

SNSショッピングポイントについて
①無料会員登録ポイント
※購入がなくてもポイントはプレゼントされます。
②ご紹介ポイント
※購入がなくてもポイントはプレゼントされます。
(登録ごとに50Pプレゼント)
(会員をご紹介された方に 50Pプレゼント)
③購入ポイント
(購入に対して100円=1Pの比率でポイントプレゼント)

ポイントは商品購入時に使用できます。

ポイントに使用期限はありません。

[vkExUnit_ad area=after]
友だち追加
PAGE TOP