アイ・テック

I.TEC インターナショナル最新情報

[vkExUnit_ad area=before]

最新のITEC社、マトリックスをまとめたものを共有します。
2020年11月11日現在

1)会社について

社名
I・TEC INTERNATIONAL株式会社(アイテックインターナショナル)
代表
荒見 悠有記
本社
東京都千代田区鍛冶町2-2-2 神田パークプラザ5F

2018年12月2日に4社(JMS・MIZ・IPS・DDS社)を統合し社名変更
(旧株式会社JMS)
本社は東京神田、業務センターを金沢、物流配送センターを金沢、東京、九州

2023年度初頭には東京八重洲再開発ビル(ブルガリホテル)に本社移転予定。
https://shutten-watch.com/kantou/6121?amp=1

ショールーム・メンバーサロンを銀座4丁目交差点、銀座プレイス(https://ginzaplace.jp/sp/)7階に本年11月にオープン。

オーナー:山口孝栄氏(福井県出身)
16社の会社オーナーでグループ売上600億円(著名な企業としてはシューウエムラ化粧品も傘下企業)
ノーベル賞財団から経営学博士号取得
経営学に関する著書を出版

古くから大学などの研究機関に寄付しており、大学、研究所等とのコネクションが強く、これからの技術である「再生」という分野。
そして今回の事業のテーマとなる再生美容商材「DDS」と「マトリックス」の使用権利を取得

2018年4月株式会社JMSを発足し、新製品などの発表会を7月1日、2日に衆議院会館にて開催。

1)全国にFC加盟店募集を開始し、人口分布比率1,000分1の127,000店舗目標
開拓後→小売り販売網構築を狙う(店舗可、無店舗可、インターネット、SNS等)

サブフランチャイザーシステムを採用し、ロイヤリティーを会社が加盟店に支払う。

模範となっている5つのビジネスモデル
❶セブンイレブンなどのFCフランチャィズビジネス(ロイヤリティー)
❷ポーラ化粧品などの権利収入ビジネス
❸AMWAYなどのMLMビジネス(口コミでの速さ)
❹ZARAやUNIQLO、ワークマンなどのファストファッション
高品質適正価格《安くて良いものしか残らない》
❺ダニエルウエリントンなどのSNSマーケティング手法

2)商品について
全てマトリックスエキス(間葉系幹細胞培養上清液)が主要成分で作られたものになります
☆ マトリックスエキス
☆スキンリムーバー
☆アイラッシュグロー
☆アイライナー
☆スキンケアソープ
☆ブライトファンデーション

そして2019年2月には、
☆育毛スカルプエキス
☆育毛サプリ
☆育毛シャンプー
☆育毛コンディショナー
が登場。一兆円産業に風穴を空ける商品。

2019年7月10日には
世界初エクソソーム製品化発表
☆エクソソーム導入ジェル(保湿)
☆エクソソーム導入エキス(整肌)
☆クレンジングジェル
☆ネイルエキス
☆リップ
☆テロメアサプリメント

2019年12月4日、ITEC1周年記念イベントをサンドーム福井で13000人規模で開催し様々な製品を含めた発表。
また、DDSに代わるnaoPDS技術も発表。

〈発表発売商品〉
☆歯磨き粉
☆再生歯ブラシ
☆電動歯ブラシ
☆口腔水素洗浄機
☆マウスウォッシュ
☆携帯水素吸引機
☆フェイスマスク(マトリックス、NMN、PDSを25ml配合)
☆目の下パック

満を侍して2020年8月新発売
☆NMN-X powder
(医協推奨 若返りサプリメント)
☆NMN-X エキス(臍帯間葉系幹細胞培養上清液)
☆エクソソーム ホワイトコントロール(デイクリーム)
☆ヘアカラージェル(白髪染)

2020年11月現在、37アイテム発売

〈今後発売予定〉
★お腹の脂肪取り
★色細胞再生白髪改善エキス
★ペット再生アイテム
★幹細胞入り繊維
★チーク
★ファンデション
★メンズスキンケア
★老眼改善点眼マトリックス
★食品

などなど、ここ1年で100種類程の商材を発表する予定。
2年以内に1000アイテム以上の発表を予定。

3)広告展開について
 2019年7月にネット系ニュースリリース開始
現在
 エステティック通信
 サロンオーナー
 女性自身
 週間女性
女性セブン
AR
グロー
サンデー毎日
 週刊エコノミスト
ナチュラリスト
ゆうゆう
商業界
婦人公論
 西日本新聞
 等々、全国紙多数掲載

2019年7月12日より全国37都道府県で映画館上映前にMATRIXコマーシャル配信。

2020年9月に羽田空港、福岡空港でMATRIX広告掲載、順次主要ターミナルへ広告展開予定。

様々な広告ブランディング展開中。

インフルエンサーやアフェリエーターを媒体にしたInstagramやfacebookなどのSNS展開も開始。

4)再生医療メディカルクリニック
2019年7月10日発表

「A i Medica Clinic Ginza」を2019年9月2日1号店オープンを皮切りに大阪、福岡、神戸、名古屋、札幌、インバウンド専門東京お台場店を順次、全国47都道府県に展開。
そして、2020年8月より医療脱毛、レーザー治療、アートメイク等々の広範囲での医療クリニックを利用出来る「メディカルパスポート」が全国本格展開。

2020年11月現在、9クリニックオープン
10店目を2020年12月名古屋にオープン予定。

🔹MATRIXキーワード🔹

再生医療は、今後、数百兆円規模のマーケットになる

IPS幹細胞は万能細胞と言われている

受精卵から細胞分裂し128個(万能細胞)から256個(一般細胞)分裂後、何処の部位になるかの指令が出される

128個までの細胞を幹細胞(万能細胞)と言う。
258個以降を一般細胞と言う。

研究者、医師で大阪大学教授、伊東信久氏がアドバイザー

京都大学再生医科学研究所と大手L製薬が共同研究したものが基礎となっている。

127,000加盟店募集。人口1.000人に対して1店舗限定募集。

ターンオーバーは昔は28日と言われていたが今は自分の年齢+8これがターンオーバー周期

時計の針を戻す。
20歳若返る肌になるがコンセプト☆

再生を基軸とした肌再生、
髪再生、そして寿命再生=若返り商品を矢継ぎ早に繰り出す予定

化粧→アンチエイジング→
今は若返る 再生がテーマ

2018年10月の2.000名規模の大阪イベントでは、東大名誉教授他が来られて講演をされました。

2018年12月2日には、京都国際会議場での3000名規模の大イベントを開催しITECインターナショナルに名称を変更して現在に至る。

2019年7月10日には、名古屋国際会議場にて6000名参加の全国加盟店総会を開催。

2019年12月4日には、サンドーム福井にて13000人参加のITEC1周年記念全国加盟店総会を開催。

2020年8月には全国7ケ所(大阪、東京、名古屋、岡山、福岡、札幌、金沢)で正規本部加盟店総会を開催。

2020年12月17日名古屋にて20000人規模で全国加盟店総会を愛知県立国際展示場に開催予定。
マトリックスボーテシリーズ、メンズスキンケア商材など様々な製品の発表に期待。

★海外進出、2020年度内に台湾、韓国にオープン予定。
世界戦略商品で2020年度で一千億円企業を目指します。
★再生事業と両輪で800兆円市場と言われている、VR・AR事業に参入を表明。

製品差別化のポイント
DDS(ドラッグデリバリーシステム)の世界的利権をもっている。
高純度の細胞外マトリックスの使用権利をもっている。(某大手大学研究チームによる特許で、教授曰く、他社の製品では真似できないレベルに達しているとの事)

コスメ、化粧品という分野とは違い、「肌、髪の毛等の再生分野に特化した製品である」
又、DDSマトリックスエキスを他社の化粧品に混ぜて使用しても良いため、他社とのバッティング、ブランドチェンジも回避できます。

※お肌の再生、頭皮の再生に期待がもてる。

新商品 マトリックスに関して
技術の出所は、京都大学再生医科学研究所とL製薬が共同研究したものだそうです。化粧部門はJMSしか取り扱えないような契約になっているそうです。
詳しい内容をお客様などに話してしまうと、ドクターしか話してはいけない領域になるので、山口代表も話したくても話せないそうです。
かつて薬機法や、医療行為の禁止などで叩かれて潰れた会社がいくつかあるので、慎重になってるみたいですね。また、秘密保持契約などもあるのではないでしょうか。トーク注意。

ヒト由来細胞外マトリックス
幹細胞順化培養エキス
EGFやFGFなどの美容細胞成長因子を複数使用してる。
それらの有用成分を必要なところに届ける役割のDDS技術又はnaoPDS技術を海洋深層水と併せた原液で作られた商品です。

DDSの特許は京大の再生医科学研究所が世界のほとんどの特許を固めており、JMSはDDSの分野では他の追随を許さないそうです。
他の幹細胞培養液を使っている化粧品とは、このDDS機能の差が決定的であると言ってました。
また幹細胞が間葉系幹細胞であるかも重要なポイントである。

DDS機能が無いと、どれだけ有用な成分でも、表皮に14段ある角質層の上2段ぐらいしか浸透しないそうです。

[マトリックスエキスとヒト幹細胞との違い]

簡単に言うと
ヒト幹細胞は、美容成分でいうヒアルロン酸やコラーゲンなどの単体の成分と同じような成分。

ヒト由来から、よりリアル性を感じるであろう。また、現実に通常の化粧品より、人の肌に馴染む結果が出ていることも事実である。

ところが、マトリックスエキスは人の肌に影響を与える成分を何種類も重ねてハイブリッド化し、開発された、他社とは次元のレベルが違うものである。

まず、主成分が8つ
これをハイブリッド化したのが特徴である。

① 間葉系幹細胞培養上清β-H
② EGF•KGF•FGF・TGF•IGF各々の部位に働きかける。
細胞成長因子
(細胞増殖因子ともいう)を人肌に馴染むように配合し通常のヒアルロン酸、コラーゲンをただ化粧品に入れて肌に塗るだけではなく、ヒアルロン酸やコラーゲンの再生ファクターを導入することによって更に画期的な結果を生ませるのである。

③室戸岬の海洋深層水を使用

そして、これらのハイブリッドエキスをDDS機能によって目的の場所に届けるという技術を導入しているので、単体の次元レベルと比べ物にならないほど凄いものである。

④2019年12月4日よりDDSの100倍運べると言うnaoPDS技術を投入。
世界で注目され始めた、ワシントン大学今井教授、ハーバード大学デビット・A・シンクレア教授が研究開発しNASAも認めた、マウス実験では60才のマウスが細胞レベルでマイナス40才の20才になったと言うNMNを遂に製品化し一気に世界。

開発者のことばより

2018年12月2日にアイテックインターナショナルに社名変更し、
3年以内で1兆円企業を目指します。

3)タイミング
地方都市福井県からスタートし、2018年7月に全国展開、2018年12月より合併社名変更後本格的に事業展開、メイドインジャパンの間葉系幹細胞を中心に「再生」をテーマに様々な商材を提げ今後世界戦略。
スタートするには絶好のタイミング。
2020年10月末現在、57000加盟店が登録。

初年度売上も300億円を突破し驚異的な成長をしているが。
まだまだ127000分の約57000加盟店

100000加盟店を超えた残り27000店舗の募集に際しては、既に顧客を持ち法人格の資格を有する条件でITEC社の面談の上、1000万円加盟金を予定している。

満を侍して、ITEC社はメイドインジャパンを提げて全世界の壮大なマーケットに打って出ます。

【山口オーナー=会社の理念】

世の為、人の為、地域の為、そして自分の為に成る企業を目指す。

【加盟店の四大収入】
①小売 
40%〜50%利益
②ロイヤリティ 
世界を含めて自分の傘下での売上ポイントで得られる収入
③新規開拓 
新規加盟店紹介による収入
④会社売上分配金 
規定よるSNS、世界売上分配金

【加盟店がITEC社に関われる取扱項目】
①MATRIXシリーズ
再生美容商材
②水素アイテム
水素ポッド•携帯型水素発生機•口腔洗浄機•シャワーヘッド
③健康サプリメント
酵素(医協推奨)
NMN(医協推奨)
SP100
テロメア
④先進医療•再生医療クリニック
⑤VR(仮想現実)•AR(拡張現実)
エンターテイメント•ゲーム•専門分野
⑥ホテル事業
2020年12月名古屋に1号店
⑦生活必需品
歯磨き歯ブラシ•幹細胞繊維•食品
⑧不動産
2020年11月銀座4丁目交差点サロンオープン
2023年春、仮本社東京神田から東京八重洲駅前ビル移転
⑨電子マネー
PayPayやLINE Payの様な感じ
⑩インターネットショッピングモール(Eコマース)
Amazon•楽天のイメージ
⑪商社
ITECのメイン再生事業とは別に世の中に埋もれている商材を発掘し扱う。
⑫海外事業
既に日本で展開しているビジネスモデルを海外展開、既に台湾、韓国、ベトナムに進出予定
⑬M&A
企業買収
既にレオパレスホテル買収
⑭ホールディングス化
持株会社

更に次の展開が待っています。

[vkExUnit_ad area=after]
友だち追加
PAGE TOP